【雑談】ネットの海で想う事 ~ 1想目

本日はちょっと雑談です。お時間ある方、お付き合いいただければ幸いです。

ネットの海を彷徨っていると、色々な場面でお金にまつわるニュースやら広告やらを目にします。

例えば家計相談的なニュース。フィナンシャルプランナーの方が「年収〇〇万なのに貯金ができないので相談に来られたXさん」とかで始めるあれです。

あの手の記事を見るたびに違和感を感じるReoです。

家賃がいくらで、食費がいくらで、光熱費がいくらで、通信費がいくらで、教育費がいくらで、小遣いがいくらで、、、。相談者の方は足し算か引き算、もしくはその両方が不自由なのかと不思議に思ってしまいます。収入と支出がトントン、もしくは支出の方が多いとなれば、どこか削るしかない、という話です
※浪費家の家族を説得するため、というシチュエーションだと少し同情します。そういう人が家族にいると苦労しますよね。

ほぼ毎日「カードローン」や「リボ払い」の広告を目にします。それだけ養分がいる需要があるという事なんでしょう。タイムリーな事に、本日、Reoの受信トレイに以下のようなメールが(某大手企業から)来ていました。

【こんな時、Reoさんならどうしますか?】

特集1:急な出費の連続でお財布がピンチ…
特集2:・・・
特集3:・・・

バイネームで語りかけてくるあたり戦い慣れている感はありますが、直接脳内に語り掛けてこない限りReoには効きません。人生何があるかわかりませんが、できれば急な出費を連続魔で被弾してもお財布がピンチにならない人生を送りたいと思います。

以前の記事でも書きましたが「準備負け厳禁」です。

偉そうな事を言っているReoですが、今の会社に転職したとき、ちゃんとしたシャツを2枚しか持っていませんでした※1。当時、銀行の残高が20万※2だったReoは、将来に不安いっぱいだったので、家計が落ち着くまでは服を買い足さず、毎日洗濯して凌ぎました。お金がないって辛いですね。。。
※1 Reoはもともと私服の会社に勤めていたのですが、転職先ではスーツ的な装いが求められました。
※2 リアル金策を始める前だったので、株などの資産も持っていません。全財産20万円です。

幾多の危機を乗り越えて、幸いなことに今のReoは多少の出費でもお財布がピンチになることはありません。今現在、危機感を持っている方は、まずは「私の財産告白」や「金持ち父さん 貧乏父さん」を熟読することから始めて、すこしずつリアル金策を実践することをお勧めします。

見える景色が変わってくると思いますよ。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる