配当金戦略でも悩む(まだ答え無し)

すごくどうでもいいですが、「宇宙よりも遠い場所」を見ながらこのブログを書いています。ネタバレになるので言いませんが、今週も目頭が熱くなりました。2018年の初回放送も見てましたが、今の再放送でも泣けます。ゴールデンタイムでやればいいのに、と思う本当に神アニメです。どうやったらこんな話を思いつくんですかね。

さて、切り替えていきましょう。青春は損得抜きで良いですが、ここからは100%損得の話です。みんな大好き、お金の話です。

Reoは短期目標として、

・配当金を毎年増やす
・手取りで年120万円を目指す

を掲げています。

年120万の配当があれば、FF14の月額料金とリアル住居の家賃くらいは賄えるよね、という目論見です。ちなみに現在、配当金は手取りで70万円は超えています。Reoが毎年、個別株で損切りする金額も、その年に入る配当金の合計を目安にしています。
※ もちろん、損失が出ていなければこのような小細工は不要です(´;ω;`)

去年、高配当の米国株を積極購入しまして「今年は80万超えるか!?」とワクワクしていたのですが、ものすごく悔しいことに、日本株の減配が大きく響き、まさかの前年比マイナス5,811円という微妙に情けない結果となりました。

そして今年はJTという配当の柱が一つなくなります。困った・・・。

今年、投資に回せる資金をすべて高配当株に回せば前年比プラスは達成できると思うのですが、ただでさえ難しい「年利17%」にさらに縛り条件が加わってしまいます。困った・・・。

とりあえず、今年入ってくる配当収入は全て高配当株に回して様子を見ることにします。17%銘柄にはサラリーマンReoの収入から投資ですね。「高配当株」は無理でも、「連続増配株」を取り込めると後々楽になるかなと思っています。

まあ最近のReoは7%とか8%とか、ちょっとおかしい「超高配当株」を買いあさっていたので、少し冷静になって普通に成長が見込める銘柄を探すいい機会かも知れません。

引き続きAT&TとMOの株価を注視しつつ笑、将来の配当金も期待できる成長株を探していきたいと思います。ReoはAT&Tに関しては「ここから20%くらいは普通に上がるでしょ」と思っているので、今の水準であれば継続して買い増していきます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる