梅リタイアの準備フェーズ&Reoの場合

前回の記事で梅リタイアに至るフェーズを整理しました。

梅リタイアのフェーズは以下の通りです。

この記事では、①準備フェーズを見ていきます。

フェーズリタイア前の仕事リタイア後の仕事資産形成・運用
①準備頑張る探す勉強する
②移行維持する育てる拡大する
③実現辞める維持する維持する
目次

リタイア前の仕事の「頑張り方」について

リタイア前の仕事=いわゆる「サラリーマンの本業」です。

準備フェーズの第一ステップは、ここを頑張って稼げるようになることです。

問題はどう頑張れば稼げるようになるかですよね。

参考までに、Reoの辿ったルートを書いておきます。

どう頑張れば稼げるようになるのか?

身も蓋もないですが、給料が良い会社、給料が良いポジションを目指して頑張るのが一番稼ぎやすいと思います。

「もともとの給与水準が高い業界」であれば、こういうところを見つけやすいので、まずは業界選びが重要です。

とはいえ、医者や弁護士を目指すというのも大多数の人にとっては現実的ではないと思いますので、敷居の低さで考えるとIT業界が一番現実的だと思います。

Reoの場合、最終学歴が2流文系私大だったので、新卒で給料の良い大手企業に入るというルートは厳しいものがありました。

まず間違いなく書類選考で落ちます。

そのため、最初は未経験OK、知識ゼロOKの中小企業に応募したところ、採用することができました。

中小企業は採用に苦労しているところが多いので、「やる気」アピールだけでかなり刺さりますし、当時のReoには新卒カードもありました。

これでまんまと、給料を貰いながらITの勉強と実務が経験できる場をモノにしました。

なお、当然ながら給料は安かったです。

初任給の給与明細が残っていましたが、手取りで13万ちょっとですね。

当時、研修を受けている身でしたので、貰えるだけありがたいとも言えますが、、、やっぱり残念な金額です。

その後、会社でプログラムを教えてもらいながら実務経験を積みつつ、会社から貰ったお給料でパソコンを買ってさらに自宅でも勉強して、ある程度の技術力が身に付いたところで転職エージェントに相談しました。

2社目、3社目は技術力が身に付く会社、という条件で会社を選びました。

4社目で初めて給料の良い会社、という条件で会社を選びました。

4社目は開発会社からコンサル会社への転職でしたので、正直なところ結構難航したのですが、転職経験も評価のポイントとなり、なんとか入社にこぎつけました。

この方法、多少時間はかかりますが、若い人であれば現実的に再現可能ではないかと思います。

「学歴は今更どうにもならないが、これから仕事では頑張りたい」という人にも向いていると思います。

なお、転職エージェントはリクナビNEXTをメインに使っていましたが、転職した知人から「転職したときに使ったエージェント」を聞いて、そこにも行ってみました。最終的に5社くらい使ったと思います。

リタイア後の仕事はどう探す?

ここはまだ固まっておらず、Reoとしても遺憾ながら試行錯誤中です。

少なくともネットで「サラリーマン 副業」などと検索しても答えは出ませんでした。
※現実感の無いまとめ記事ばかりで、やり場のない気持ちが募るばかりです。

リタイア後の仕事は「月曜日が楽しみになる仕事、少なくとも日曜の夜に気分がブルーにならない仕事」である必要があります。

ちょっと条件を考えてみましょう。

リタイア後の仕事に求める条件
  1. 生活の足しになる程度には儲かる
  2. 先行投資が嵩まない
  3. やってて面白い
  4. 自分のスキル・知識を活かせる
  5. 時間的にきつくない
  6. 人付き合いは最小限
  7. 体力的にきつくない

わがままですね笑。

ただ、これくらいでないとリタイア後の仕事とは言えません。

正直なところ、これらの条件を満たせるのは「ネット広告(アドセンス、アフィリエイト)」くらいしか思いつきませんでした。

ただ、「ネット広告」は「集客力があるコンテンツを持っていること」が前提となります。

そして残念なことに、Reoには集客力があるコンテンツなどありません(´;ω;`)

なので、現時点では「①生活の足しになる程度には儲かる」の実現性が見えません。

とはいえ、ネット広告で儲けた個人は現実に存在しているわけで、不可能ということではないのでしょう。

ここで思い出すのは、かの有名な言葉です。

「『無理』というのはですね、嘘吐きの言葉なんです。途中で止めてしまうから無理になるんですよ」

「途中で止めるから無理になるんです。途中で止めなければ無理じゃ無くなります

挫けずに頑張れ、ということですね(笑)。

リタイア後の仕事を一本に絞る必要はないので、まずはブログを進めつつ、二の矢、三の矢を考える事にします。

「資産形成・運用」はどう勉強する?

まず、証券口座を持っていない人は今すぐ「SBI証券」と「楽天証券」で口座を作ってください
※念のためですが、口座開設するだけならタダですのでご心配なく。

何はともあれ、形から入るのは重要だと思います。

次に、無料で勉強するのであれば、現在は更新が止まってしまっていますが「ゆうゆー投資法」というブログがお勧めです。

非常に分かりやすく書かれていますし、書いてある内容も具体的かつ王道です。

あのブログの内容が理解できるようになれば準備フェーズは卒業といってもいいかも知れません。

現在は本当に良質の情報があふれている時代です。

リテラシーの高い個人投資家が積極的に情報発信しているので、ブログやツイッターで、身の丈にあった情報が手軽に見つかります。
※資産を築ける人はそれなりに教養があって、心にも余裕があるんだろうな、と勝手に思っています。

当ブログでも過去に多少は記事を書いていますので、WordPress移行が完了したらリンクを貼っておきますね。

多少お金をかけても良い、という方であれば日経マネーかダイヤモンドZaiを1年ほど購読することをお勧めします。

個人ブログには無い幅広い情報や、時事のイベントやニュースの解説など役に立ちます。

ちなみにReoは、貯金が1千万円を超えたあたりから、「お金を金融資産として運用する」事を本格的に考えるようになりました。
※その前に何度も失敗してやり直ししましたが・・・。

Reoと同じペースでやるなら、まずは本業で稼げるようになり1千万円の貯金を貯めてから資産運用に着手する、ということになります。

ただ、今は少額から投資を始められる環境が揃っていますので、上のほうでも書いた通り、100万円くらいの現金が貯まったら、資産運用を初めても良いかも知れません。

「すぐに投資を始めたい!」という方であれば、投資信託の検討をお勧めします。

まとめ

リタイア前の仕事は「稼げるようになること」を重視する必要があります。

Reoには新卒で給料の良い会社に入るほどの学歴が無かったので、IT業界で給料貰いながらスキルを磨き、出世魚しました。

リタイア後の仕事は「わがまま条件」にマッチする仕事を探すところから始めました。

見つけるのは難しいですが、二の矢、三の矢も考慮に入れつつ、ブログから始めていくことにします。

資産形成・運用については、まずは口座開設を済ませつつ、お勉強ですね。

焦らずに勉強を続けながら投資していれば、そのうち自分にあった方法が見つかると思います。

それまでに大損して退場になったりしないよう、慎重に準備を進めましょう。

FF14でReoを見かけた方、株式投資について分からないことがあったら、お声がけいただければ、分かる範囲でお答えします(笑)。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる