サラリーマンReoが確実にリタイアできる方法を整理して考える

さて、前回の記事でリタイアについて整理しました。

そこで、リタイアを以下のように定義しています。

当ブログのリタイアの定義
  1. (松)手取り800万円を不労所得で稼ぐ
  2. (竹)手取り600万円を不労所得で稼ぐ
  3. (梅)手取り600万円以上を不労所得+リタイア後の仕事で稼ぐ

まずは梅リタイアを目指そう!という結論に至りましたが、確実に到達するためには作戦を考えて、見通しを立てておく必要があります。

高い(低い?)志を持ちながら、途中で道に迷い、疲れて果ててしまっては元も子もありませんからね。

目次

リタイアまでの道のりを整理する

フェーズを切って整理することにします。

なお、リタイアしたい=「現在の仕事を辞めたい」という考えを前提としています。

フェーズリタイア前の仕事リタイア後の仕事資産形成・運用
①準備頑張る探す勉強する
②移行維持する育てる拡大する
③実現辞める維持する維持する

フェーズは①準備→②移行→③実現の3つに分けました。

また、それぞれ「リタイア前の仕事」「リタイア後の仕事」「資産運用」の3つの軸で考える事にします。

梅リタイアの「リタイア後の仕事」は「月曜日が楽しみになる仕事、少なくとも日曜の夜に気分がブルーにならない仕事」と定義しています。

すべての軸を実現フェーズまで持っていければ梅リタイア実現です。

ちなみに2021年4月のReoは、「リタイア前の仕事」が移行フェーズ、「リタイア後の仕事」が準備フェーズ、「資産運用」が移行フェーズといったところです。

各フェーズについて、別の記事で個別にもう少し詳しく見ていきたいと思います。

(この記事内で書こうとしましたが、長くなる予感がしまして小分けにすることにしました。。。)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる