Reoの株式伝承録 ~ ウェッジホールディングス

多くのリアル金策民がそうであるように、Reoも色々と記憶に残るトレードをやらかしています。主に失敗したものを選んで「伝承録」として紹介していきたいと思います。 

※ 元ネタはFF14のアイテムです。「地域の民間伝承」的な意味っぽいです。採集ジョブそれぞれに対応する伝承録がありまして、Reoのメインジョブである「漁師」の伝承録は、対応した地方のヌシを釣るために必要になります。

 

栄えある?第1回はReoの「株の最短保有期間」を大幅に記録更新した「ウェッジホールディングス」です。名前を聞いて「あっ(察し)」となった方もいるかもしれませんね。

 

なお、今回の記事で得られる教訓は以下です。

 

 ・自分が納得していない株は買わない
 ・社長や経営陣が「怪しい」または「チャラい」会社は買わない(超重要)

 

まずは数字を見ていきましょう。当時の売買約定メールを掘り起こしてきました。

 

【取引ログ】

購入:2017/10/16 11:08 636円
売却:2017/10/16 13:05 547円

 

【結果】

保有期間:1時間57分

株価推移:マイナス89円(約14%下落)

 

なかなかに痺れる数字ですね。。。

 

この記事を書くために改めてメールを見直したのですが、2時間も持っていなかったとは、我ながら驚きでした笑。ちなみに私は幸運?にもリアルタイムで「株価の異変」に気がつけたのでこの程度のダメージで済みました。実際には連日のストップ安でもっと大暴落しています。

 

当日の状況は以下のとおりです。


この日、私は風邪をひいて会社を休んでいました。しかしながら、ずっと寝ている事もできず、気を紛らわすために手持ちのキャッシュで買える適当な銘柄を探していました。


当時、複数の有名な個人投資家が、雑誌やネット記事で「ウェッジホールディングス」を推していました。気にはなっていたものの、私はこの会社のビジネスモデルが本当にうまくいくか半信半疑で、会社の構成も複雑でわかりにくいし、経営陣の評判もちょっと気になるなぁ、と思っていました。

 

しかし、本当に推し記事が目につくのです。きっとその当時のReoの目がエコノミックアニマルのそれだったのでしょう。かなり夢のある(儲かる)ストーリーが脳裏にやきついてしまい、「自分が理解できていないだけで良い銘柄なのかも」と都合の良い解釈が生まれ、暇だった事も後押しして、お昼前についつい買ってしまいました。

 

さて、昼ごはんを食べて、まだ体調悪いし、株の値段をちょっと見たら寝ようかな、と思ってPCの画面を見たところで、Reoの思考がスタンしました。

 

Myポートフォリオにお迎えしたばかりのウェッジさんが、結構な勢いで売られているではないですか!株価に対するスリップダメージが仕事しすぎてます!

※ 時間と共に徐々にHPが減少していくダメージ。「毒状態」とかがわかりやすいですかね。

 

眠気も吹っ飛び、何が起きているのか、慌ててニュースを漁りました。そして、この会社の子会社社長がタイで訴えられて会社を辞めた、という不祥事が発表されたことに気が付いたのです。

 

思えばこの時、株の値段を見ずに寝ていたらReoの傷口は間違いなく広がっていました。選択肢を間違えなくてよかった・・・。しかしながら、厳しい選択肢はまだまだ続きます。

 

悩みました。不祥事がでた。株は売られている。でもまだストップ安じゃない。この不祥事は株価にどれだけ影響があるんだろう?ひょっとして今は過剰反応されていて、すぐに反発するかもしれない。ちなみにここで売ると時給マイナス〇万円です。売買手数料も惜しい

※ 短時間で大負けしている状態だったので、売買手数料の「数百円」すら惜しく感じました。我ながらセコいと思いますが、人間の心理なんてそんなもんですよね。

 

幸い、風邪によるバッドステータス中であっても私の頭はかろうじて働いてくれました。「このままストップ安になったら売れなくなる。売れるうちにひとまず売ろう」と、成り行きで叩き売りました。後から見るとこの判断は大正解でした。もってたら悔しすぎてDIE TWICEですね。。。

※ SEKIROはまだラスボスが倒せていません。。。 

 

すべての人が株価を四六時中監視できるわけではありません。ニュースに気が付けず「売り遅れた人」や、「買い注文を取り消せず押し付けられてしまった人」もたくさんいたと思います。株式市場は、ほんと怖いところですね。。。

 

ちなみに2021年1月27日現在、ウェッジホールディングスの株価は107円です。