「準備フェーズ」における「リタイア後の仕事」の位置づけ、条件

引き続き、各マスに対する考察、作戦を考えていきます。

この記事では「準備フェーズ」における「リタイア後の仕事」を見ていきます。

下の表で水色背景になっている部分ですね。

フェーズリタイア前の仕事リタイア後の仕事資産形成・運用
①準備頑張る見つける勉強する
②移行維持する育てる拡大する
③実現辞める維持する維持する

何のこと?という方は以下の記事をご覧ください。

目次

「準備フェーズ」における「リタイア後の仕事」の位置づけ

「リタイア後の仕事」は「好きな事を好きでいられる範囲で」仕事にするイメージです。

「資産形成・運用」と合わせてリタイア後のキャッシュフローを支えるものですね。

またリタイア達成前の「副業」としても期待しています。

Reoは、セミリタイア後の目標手取り600万円のうち、200万円くらいをここから稼ぎたいと思っています。

額面で年収250万円くらい。

そうなると、準備フェーズの具体的な目標は「年収250万円の収入が得られる仕事を見つける事」ということになります。

実際に月数万円が稼げて、さらにその先が期待できるような仕事が見つかれば、「リタイア後の仕事」の移行フェーズ「育てる」に入ろうと思います。

「リタイア後の仕事」の位置づけ
  • 好きな事を好きでいられる範囲でする仕事
  • 「資産形成・運用」と合わせてリタイア後のキャッシュフローを支える
  • リタイア前の「副業」としても期待
  • 額面で年250万円を目指す
  • 準備フェーズのゴールは「見つける事」。

「リタイア後の仕事」の条件

リタイア後の仕事は「好きな事を好きでいられる範囲」で行うので、当然のことながら、ストレスやリスクが高かったら意味がありません。

この辺りも含め、「リタイア後の仕事」に必要な条件をまとめてみました。

リタイア後の仕事の条件
  1. 好きな事である
  2. リタイア前の仕事と並行して準備を進められる
  3. リタイアを加速できる
  4. 働き方の自由度が高い
    • 時間の制約が少ない
    • 職場が近い(在宅含む)
  5. ストレスフリー
    • 体力的にきつくない
    • 人付き合いは最小限
  6. リスクが低い
    • 先行投資が嵩まない
    • 収益が安定している
    • 自分のスキル・知識を活かせる

多少、意味合い的に似ている部分がありそうですが、仕事の資料ではないので気にしないでおくことにします。

さて、条件が見えたところで、この条件にマッチする仕事を探さないといけません。

まずは、世の中で一般的な副業としてあげられるものの中から選んでみようと思います。

一般的ということはそれなりに再現性もあるでしょうし、いわゆるベストプラクティスというやつですね。

条件に合うのは「アフィリエイト」と「せどり」あたりでしょうか。

リスク面では「アフィリエイト」が有利に思えますが、短期的に収益が見えそうなのは「せどり」のように思われます。

当面、この二つを試してみます。
みんな同じこと考えているんだろうなぁ。

まあ、アフィリエイトといえばブログ、ブログといえばまさに今やっているわけで、地道に記事を書いていこうと思います。

数打てば当たる作戦で、別ブログを立ち上げるのも有りかも知れませんね。

ちなみにReoはせどりをやったことが無いので、好きかどうかもわかりません。

新しい事に挑戦するのは好きなので、まずは情報収集から始めてみようと思いますが、向いてなかったら辞めます(笑)。

なお、Reoはプログラミングができるので、そちらも案として考えたのですが、あの世界はリアルコミュ力が必要なので候補から外しました。

まとめ

本記事では、「リタイア後の仕事」について「位置づけ」と「条件」を考えました。

当面は、アフィリエイトまたはせどりで額面250万円を稼げる才能がReoにあるかどうかを検証しようと思います(笑)。

現時点で試行錯誤の連続ですが、本業である「リタイア前の仕事」を維持しつつ進めていきます。

Reo

一刻も早く「移行フェーズ」に行けるように頑張ります。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる