【8時間かけてられない】リタイア前の仕事への取り組み方

こんにちは、Reoです。

突然ですが、Reoは管理職ではありません。なので、残業すればするほど残業代が入ります。これが実に美味しくて、「残業代が入るなら」と、以前は多少無理してでも働いてきました。

が、最近では「お給料の額を増やす」ではなく「時給を増やす」という考え方で仕事をするようになりました。これはリタイアを意識していることが大きいです。

Reoは「リタイア前の仕事」について、「移行フェーズ」にいると認識しています。
以下、緑背景の部分がReoの現在地です。

フェーズリタイア前の仕事リタイア後の仕事資産形成・運用
①準備頑張る見つける勉強する
②移行維持する育てる拡大する
③実現辞める維持する維持する

「リタイア前の仕事」は現状維持できれば良いので、できるだけ時間を使いたくありません。自分の時間や体力は「リタイア後の仕事」や「資産形成・運用」に使いたいです。

じゃあ、会社に拘束されている8時間は体力温存して過ごすかと言いますと、そうではありません。Reoは欲が深いので、なんとか8時間分の作業を8時間かけずに完了させられないかと考えています。こうすればお給料の「額」は増えませんが「時給」は増えます。

さらに、空いた時間を「リタイア後の仕事」探しに使うことが出来るので言うことなしです。

そんなわけで、定型作業をせっせとマクロ化したり、仕事の段取りを考えて効率よく終わるように工夫しています。

で、実際に現在の時給はどうなっているかと言いますと、残念ながら、なかなか上がっている実感はありません。まことに遺憾ながら、良くてトントンといったところです。

1日のタスクが①8時間かからずに終わる日もあれば、②8時間以上かかる日もあります。あまり都合よく解釈するのも気が引けるので、①がある以上、②でも残業申請しないようにしています。

リタイア目指して、「リタイア前の仕事」ももっとうまく立ち回れるように工夫していこうと思います。

Reo

「リタイア前の仕事」の「移行フェーズ」では、「日々のタスクを8時間かけずに終わらせる」が重要だと気づきました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる