XOM(エクソンモービル)から配当が入りました。

少し、昨日の記事と関連しています。

コロナ禍で安くなったエネルギー株「ロイヤル ダッチ シェル」を買ったものの、含み損が大きくなってしまったReo。とりあえず確定申告の事も考えて損失を確定し、再度買い直しを検討しました。そして「ロイヤル ダッチ シェル」ではなく「エクソンモービル」を買いました。

今回は、その「エクソンモービル」からの配当です。日本円に直すと、1ドル109円で計算して、19,000円くらいですかね。米国株は年4回の配当が入りますので、年間で76,000円くらいもらえます。

f:id:ReoRet:20210313201758j:plain

ちなみにReoは39.17ドルで280株買いました。今の株価が61.97ドルなので、株価は58%上がっています。「ロイヤル ダッチ シェル」では60万円ほどマイナスになりましたが、「エクソンモービル」の含み益が70万円ほどになっているので、差し引きではプラスです。

気になる配当利回りですが、買値の39.17ドルに対し、配当は3.48ドルもらえますので、額面での配当利回りは8.8%です。これにはReoもにっこりです。
※ ここから米国の現地課税10%が引かれて、そのあとに日本の所得税、住民税が20%引かれます。

もちろん「ロイヤル ダッチ シェルのマイナスが無くてエクソンモービルのプラスだけがある」という状態がベストなのですが、「ロイヤル ダッチ シェル」のマイナスを華麗にリカバったった感があり、割と満足しています。この後、確定申告でも結構戻ってくる予定ですからね!
※ 2月下旬に確定申告しましたが、まだ還付のお知らせが来ておりません。書類や計算に不備はないと信じたい・・・。

ちなみに「ロイヤル ダッチ シェル」を損切ったあと、「エクソンモービル」に乗り換えた理由ですが、

 ・財務的に「エクソンモービル」のほうが良さそう
 ・連続増配38年の実績があり、配当へのこだわりは強いはず

でした。

じゃーなんで最初に「ロイヤル ダッチ シェル」を選んだの?という声が聞こえそうですが、理由は「ADR」銘柄だったからです。が、「原油価格がマイナスになる」などという歴史的異常事態を見て、流石に目先の税金よりも減配リスクを考えるようになりました。
※ 「通常、外国での現地課税で10%引かれるが、ADR銘柄ではそれがない」くらいで考えてください。

そして恐れていた通り「ロイヤル ダッチ シェル」は減配となりました。一方で「エクソンモービル」はリストラを断行するなど「なりふり構わず」手を打って配当を維持しました。このあたりは配当にこだわる米国流の意地を見た気がします。

兎にも角にもReoの目論見は当たったわけで、リアル金策民としての矜持が保たれた思いです。というか株式市場って、失敗しても割とリカバリ効くと思うんですよね。今のところ、という前提が付きますが、Reoごときが生き残れているのがその証拠です。

さて、配当も入ったことですし、できれば1月火力ことMOを買いたいのですが、ウマ娘のリセマラしている間に値上がりしちゃっているんですよね。。。まだ買える水準ではありますが、何となくこの値段で買うのは敗北感があります。いっそのことAT&Tを買い増しそうかな。悩ましい・・・。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる