寝てるだけで朝起きたらお金が増えてる件【ビットコイン】

「寝てるだけで朝起きたらお金が増えてる」というパワーワードをご存じでしょうか。

このワード、ずいぶん前の言葉だと思っていたのですが、どうやら生まれたのは2017年ごろのようです。思ったよりも最近でした。昔のように感じるのは、昨今の時間の流れが早いせいでしょうか。2017年は「仮想通貨元年」と言われ、ビットコインがバブルの様相を呈していた年です。

この年のビットコインの価格推移(チャート)を見返してみましたが、年初の値段と年末の値段を比較すると10倍以上値上がりしていました。年末には1ビットコインが200万を超えています。しかしながら翌2018年には大暴落し、40万を切りました。この落差と相まって、冒頭の言葉にパワーが宿りました。

この言葉の秀逸なところは「値上がりの根拠を全く感じさせない点」だと思うReoです。絵面もいい味だしていて、芸術点も高めです。
※発言主の方、暴落に巻き込まれて大損してなければいいのですが・・・。 

では2021年現在は、というと、ビットコイン価格は400万円を超えました。2018年に暴落の中で、底値(40万円)で買い向かった方は資産が10倍になったことになります。心の底から羨ましいですね。

さて、値上がりの理由ですが、Reoなりに(大まかに)以下のように考えています。

 ・コロナ禍で実態経済が崩壊し、政府が民間を支えるためにお金をばらまいた
 ・世の中カネ余り(インフレ)になり、その一部がビットコインに流れ込んだ。
 ・新興国はよりコロナの影響を受けており、自国通貨よりもビットコインを信頼し始めている人がいる(たぶん)。
 ・上記が既成事実化し、ビットコインが現実経済に組み込まれつつある。
※私は全然お金貰ってない!と思うかも知れませんが、世界的に見るとバラまいているのです。

著名な大手資産運用会社(ファンド)もビットコインに価値を認めつつあり、ビットコインを自己資産の数%というレベルで買い込んでいます。
※数億ドルというレベルです。ドルですよ、ドル。日本円だと数百億円です。

Reo自身でビットコインの値上がりが説明できる。

         ↓

Reoよりも頭の良い方々が強気で買っている。

         ↓

乗るしかない、このビッグウェーブに

ということで、2017年のバブル時には買う気はさらさらなかったビットコインですが、2020年の夏ごろから遊び心を発揮して少しだけ買いました。タイミングよく秋から暴騰しまして、いまでは買値の倍になっています。
※売るときは要注意です。ビットコインの儲けは「雑収入」として扱われるので、税金が最大で55%かかります。儲かったお金がそのまま手に入るわけではないことは覚えておいてください。儲かったお金を全部使ったら税金が払えなくなっちゃいます。ちなみにReoは当分売りません。

実のところ、時間をかけてキリ良く1ビットコイン買おうと思っていたのですが、手が出しにくい値段になってしまいました。今、Reoは切に大暴落を期待しております。今の半額まで落ちてくれないかなぁ。キリが悪くてとても気持ち悪いのです。

ちなみに2017年ごろのビットコインをめぐっては、他にも

 ・株やFXなどへの投資もしていたが、それよりも将来性を感じる
 ・今年は頑張って億り人になりたいなと
 ・人生変わりました、ビットコインで

と言った、時代を彩る綺羅星のような名言が残されています。
※これらの名言も、やはり絵面と合わせて味わうべきですね。並べて見ると反則級に面白いです。だってこの後すぐに暴落してるんだもん。。。

こういう名言を振り返る事ができるのも、リアル金策の楽しみの一つですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる